• 自転車保険の必要性

  • ここ数年の健康ブームにのって自転車の販売台数が大幅に増加しています。健康ブームもあるのですが、東日本大震災の時の帰宅難民、その後の節電の為の電車の間引き運転などのせいもあり、通勤用に自転車を継続して使用する人も少なくありません。そうして、利用する人が多くなると共に、危険性や事故も増えているのが現状です。 自転車同士や、自動車と歩行者との衝突での死亡事故なども増えているので、その時に賠償する為にも、自転車保険が必要になってきます。これは、例え加害者が学生の未成年であって同じ責任を負うのです。そのため、自転車保険の必要性が見直され、今加入する人口が増えてきているのです。 日本損害保険協会が推奨する自転車に必要な保険は、「損害保険」と「個人賠償保険」の2つがセットになっている保険です。

    「損害保険」の方は、自転車に乗っていたり、又は歩行者の時に自転車とぶつかったりした時の自分の怪我に備える保険です。 「個人賠償保険」とは、その逆に自分が他人に怪我させてしまったり、物を壊してしまい弁償しなければいけない時にその賠償額を支払う為の保険です。 これら2つがセットになり自転車保険になっている保険もありますが、「個人賠償保険」がついてないケースもあるので、気をつけましょう。 しかし、地震保険や自動車保険などの特約で、すでに加入している場合もありますので、自分の加入している保険の内容を把握しておくことが大切です。